• ホーム
  • トリコモナスの感染の原因と症状の悪化を食い止めるポイントは?

トリコモナスの感染の原因と症状の悪化を食い止めるポイントは?

トリコモナスは性病の1つとして知られていますが、この病気は性行為がなくても感染することがあるという特徴があります。そのため、性行為の際にコンドームを装着するように気をつけていたとしても、他の感染ルートで発症してしまう可能性があるので注意しておかなければなりません。特に女性は男性よりも発症しやすいことで知られている病気なので、感染の原因や症状の悪化を食い止めるためにできることを知っておきましょう。

この病気はトリコモナス原虫が性器から体内に侵入することで発症しますが、トリコモナス原虫はトイレの便座や銭湯のイス、感染者が使用したタオルなどに付着していることがあります。そのため、銭湯や公衆トイレを利用したことや感染者とタオルや衣類を共有したことが原因で感染してしまう恐れがあるので注意が必要です。男性の場合は排尿することで原虫を押し出すことができるのですが、女性はそれができないので1度体内に入り込んでしまうと治療薬を用いて症状を改善しなければなりません。

トリコモナスを発症すると女性のほうがひどい症状を感じることが多く、具体的には排尿時の痛みやおりものの異常があげられます。感染後はおりものの色が緑っぽくなったり、泡状の汚臭を放つおりものが分泌されたりするようになるのですぐに病気だと気づくことができるはずです。排尿時の痛みが強すぎて排尿障害を引き起こすケースもあるので、こういった症状が起こらないように症状を食い止めることが大切だと言えます。

悪化を食い止めるためには治療薬を服用するしか方法がないので、自然治癒を待たずにしっかりと治療を進めることが大切です。治療薬はメトロニダゾールのような成分が含まれているものが用いられ、こういった治療薬を服用することで原虫のDNA構造の不安定化を招き、結果的に死滅させて症状を改善することになります。原虫をしっかり退治しなければ体内の奥のほうに原虫が入り込んで悪さをする可能性があるので、早い段階で適切な治療を行うことができるようにしてください。

トリコモナスはコンドームを使用せずに行ったセックスなどでも感染しますが、トイレの便座や銭湯のイスから感染することもあるので注意が必要です。そして、感染したことに気がついたときには直ちに治療薬を服用して症状の悪化を食い止めるようにしてください。症状が悪化してしまうと生殖機能に悪い影響を及ぼす可能性があるので、そういった問題を起こさないためにも早めに対処しましょう。