• ホーム
  • 性病の梅毒の感染経路は性行為の他に母子感染もあるので要注意

性病の梅毒の感染経路は性行為の他に母子感染もあるので要注意

心配している男性

梅毒は多くの人が知っている有名な性病の1つですが、感染経路について詳しく知らないという人は少なくありません。この病気は梅毒トレポネーマという病原体に感染することで発症しますが、病原体が存在する部分に接触したときに皮膚の粘膜や傷口から病原体が入り込むことで感染します。最も多いのはコンドームを使わずにセックスやオーラルセックス、アナルセックスを行ったときに皮膚や粘膜に傷ができてしまい、そこから精液や膣分泌液などの体液が入り込むことで感染するというものです。それ以外にも口の中に病変部分があるときはキスやディープキスでも感染してしまうので、口内に症状を発しているときなど唾液に病原菌が含まれているときは感染しないように気をつけておかなければなりません。

主な感染経路はセックスやキスによるものだとされていますが、実は妊娠中に梅毒を発症していると母子感染を引き起こすこともあります。こういった感染経路でうつることを知らない人は少なくないと言えるのですが、妊婦さんがこの感染症を発症した場合は胎盤を通して胎児に病気がうつってしまう可能性があるので非常に危険です。胎児が梅毒に感染してしまうと早産の原因となるだけではなく、死産を招いてしまったり産まれてくることができてもすぐに亡くなったりすることがあります。無事産まれてきたと思っても先天梅毒によって奇形状態で誕生してしまう可能性もあるので、妊娠中の梅毒は非常に危険です。

妊婦さんは定期的に妊婦検診を受けることが推奨されているので、こういった検査によって梅毒などの性病を患っていないかどうかチェックしてもらうことができます。もしも感染していることが判明したのであれば、一刻も早く医師に相談して梅毒の治療を進めなければならないでしょう。自分で治療薬を購入して治そうと考える人もいるかもしれませんが、妊娠中に飲んではいけない薬も多くありますし、処置が遅れてしまえば胎児がなくなってしまうなどの問題に繋がりかねません。感染経路には母子感染もあることを理解し、もしも妊娠中に感染が発覚したのであれば即刻医師に相談するようにしてください。

性病は大人が性行為を行うことで感染すると思っている人が多いですが、妊娠中は胎児にまで悪影響を及ぼす可能性があります。病気の種類にもよりますが、梅毒の場合は最悪死に至る可能性があるので、感染が起こったときは早急に対処するようにしてください。